この夏、最後の家族サービスNo1

 

皆様、大変ご無沙汰しておりました寺横店の●野です。

9月に入っても日中はうだるような暑さが続き朝夕は過ごし易くなりましたが、体調管理には充分にご注意下さい。

先日、この夏最後の家族サービスにて鳥羽へ1泊2日で行って来ました。何故、鳥羽かって?それは、小学生の息子にどこに行きたいかを聞いた

所、『美味しいものを食べて、温泉に入ってゆっくりしたい』とほぼ、1ヶ月休みで遊びまくっていた息子からの小学生らしからぬ一言で行き

先は決定!15時にはホテルにチェックインする予定で出発し途中、御在所のPAで軽く昼食を済ませ鳥羽市内に14時頃に到着してしまい

時間つぶしの為、何度も行った事の有る鳥羽水族館へGo~


ゲートをくぐり階段を上がってすぐの大水槽です。

この水槽を泳ぐ魚を見てまぐろの刺身が最近お気に入りの下の2歳の息子が一言、『とうちゃん、マグロの刺身どこ?』と聞いてくるので

こいつ、ベタな事を聞いてきやがってと思いながらも魚屋さんが居ないからないョと切り替えして館内を見て回りました。

ゴマアザラシも気持ちよさそうに泳いでおりました。     

館内ではゾウアザラシのショーを見ていたり特別展示で『世界の危険生物』の展示もしていたのでしっかりと見てきました。オニヒトデの裏側です。個人的にはジャックスパロウが飛び込んだイカのお化けの口にそっくり

久々に水族館を堪能していたら、あらま 😯 時計の針は16時を回っているでは有りませんか!

急いでホテルまで走りチェックインするとフロントの方が1グループ500円で海蛍見学ツアーがあるとの事で即答で申し込み部屋に入った

途端に上の息子と大風呂&露天風呂へGo~~~~~~ 😛

風呂から出て食事前にビールをキュ~と喉の奥に流し込みいつもより3時間は早い夕食をゆっくりと家族で堪能しいざ、蛍ツアーへ!

実は私、●野は20年以上前に一時期、サーフィンをしていた時期が有ったり、夏の時期は夜の海へ遊びに行く機会が多々、あったので

夜光虫は見たことが有るのですが、海蛍は見たことが無かったので息子以上に興味津々でした。

これが海蛍の光です。

夜光虫も海蛍も本当に真っ暗な海でしか見ることが出来ません。夜光虫は表層に漂うプランクトンに刺激を与えると青白く光りますが、

海蛍は海の下層にいるので魚の切り身や骨を入れた仕掛けを底に沈めておくと集まって来ます。それを引き上げるとミジンコみたいな物が

うようよ居ます。それに刺激を与えると上の写真のように青白く真っ暗な海で光り大変幻想的になります。

皆様も一度、真っ暗な海を見つけてご覧下さい。きっとインスタ栄えすること間違い無しです。

30分程でホテルに帰って来てから結局、大浴場や露天風呂に一晩で4回ほど息子のお供で付き合いこの日は終了しました。

後日、No2にて翌日の御報告をいたします。